市校生、が中学生を手下にして、どっかとぼけてずれてる下級生をターゲットにした。機にして煤竹に火をつけたり、撲ったり。部室は校ゐ円から離れた校庭の間にあったから先生たちは気づかなかった。最後には発党して、やられた生徒の親と学校の話合いになったけ。いじめる高校生は、大学受験のプレッシャーが原因だと思った。兄設が東大て、両親の期待はわかるけど自分は自信ないなんてヤッ。中学校でひい世界を見てしまって、僕は人間の心理に興味を持出し、大学で勉強したいと思って心理学へ入ったり、ここでも失望。結局、社会福祉へたどり着いた。受験戦争に巻き込まれ右往左往したという感じ。中半、高校の同級生は、大企業に就職したのが多くて、目的を達成したからいいんだろうけど、僕はお金で訓切る考え方はしたくない」校内暴力に代って受験競争といじめが・まかり通る学校に在籍した体験が、彼の人生を変・えた。大学の付属息子へ入笠9るために、小学校四年生から学習塾へ行った沢井陽太さん合一三)は、「兄立が公立て高校、大学入試が大変だったから、親は僕を私立へ入れて安心したかったんじゃないかな。確かに大学に上がれる私立へ行くと安心だけど、勉強するのはごく一部で、運動するヤツはましな方。大半は遊んでる。これまでの体験でいちばん緊張したのはアメリカ留学中の一年間。あの体験がなければ、余計にのんべんだらりとしてたんじゃないかと思う。親の家を雌れるんだったら国内でも国外でもかかる費用は同じくらいだから、海外へ一年くらい出てみるのがいいと思う」と。第四章尚度成長のたち(-iL銀行員の山川兵一さん(二八)は、おすすめ 出逢い アプリ で出会って小学校五年生から学習塾へ行き、私立中学へ入学、高校時代は学校と塾の両方で受験勉強をした。「私立へ行った結果は、浪人しないで第二志望の閏立大学へ入ったこと。公立へ行っていても一浪、て入れた大学。どっちがよかったかなんて、わからない。一菜。中学一年の時はほとんどの私立は、先生も親も生徒も偏差値同級生が一応東大をめざしていて、毎年洛ちこぼれて行く図式。落ちこぼれたヤツは附くなるのと明るくなるのとこ通りに分かれる。慣は故後まで東大志望グループにいたんだけ。小半の頃から、.一途胞内殺人いれ件なんかが起きて、親の態度が少し変わった。それはよかったんだけ、最近になって思うのは、今だって仕事で競争させられている。一歳の凶からずっとで、大学問年間が休長則川だった感じでした。

ところが、リビングルがあったーは稀にしかいないから、その代償にドルムにあるテレビやビデオは、毎日、大北の怖れ守流し、位前が近すぎて川し難く、一歩と現実と店桃を一緒くたにしてしまう。そのうえ、コマーシャルは。あなたが主ささや人公噸く。白馬に釆った王子さまを待つ物語。をつくるのは、これまで久性の特徴されていた。しかし、男性の八割がサラリーマンになる時代には、仕事に一歩が持てない、私生活重視になり、男性も恋愛や結婚にシナリオを持つようになった白川了さん(二五)。。「結婚式に大学時代のハンドベルの仲間を招いて、一緒に演奏するのが僕の一歩」が言っ山た7は述がよければ実引可能で、そのありかはシナリオのフィナーレに置かれている。一世代前の引性は、恋愛や紡掛は私市、て、次元が低いった。引在の二代引性は、次.ん一については間わないが、こととして、考える対象としなか川位代と同じように考えないで、一般ムやベッ一線が一。その分たちヲーしqi高度成長の第四宣言恋愛結川町を消政的、川悦九五的に受止めているのが印象的であった。性の解放一九六0年代のアメリカの性解放、六0年代末の学閥紛争、そして、一九じノ午代のウ界背年意識調査(次ぺlジの凶表ーマン・リブなどの版科を受けて、性モラルは徐々に緋れ、戦後生まれの性な識は同際化している。インタビューした二五人の引性のなかには、性体験のない数人がいたが、それは結川町前のセックスを判定しているせいではなく、機会がなかった、つくらなかっただけで、全日はが「お互いに合意すればよい」性の解放に肯定的であった。背年の愛情と性、結献の闘辿については、一九八八(昭和六三)年に行われた第問川世2参…)で、一八から二四歳の男女一一カ同の比較が明らかにされているので、引用する。まず、婚前交渉は「お互いに愛情があればかまわない」に七0・五%が賛成し、「避けるべき」は九・三%.である。性に閲して日本人は東洋のモラルから脱し、西欧の背年とほぼ同じになっているが、円本人は結姑へのこだわりが西欧人よりかなり強い。「結婚すべき」と「結婚したほうがよい」図表2世界青年意総飼査における結婚前の性交渉05000(%)総務斤青少年対策本部rffl4回世界青年憲自民調査1<1988年)第四章λ.j度成長のq,し了ーたち・の合計は、七三・六%で、シン、万ポールの七五・山%に次いで二位。五五・二%の韓国、五二・七%の小凶よりはるかに山にいた。

山際正彦さん(二六)が、「考えてたこがどんEん遠のいていく、」沢井陽太さんつ一三)が、「就職して本-小を離れたら、どんなシ1ンが展開されるかわからないし:::」、大内洋一さん(二OE)が、「女の人は出技している時のほうがきれいに見える」、安川明生さん合一六)が、「十日手川wm子みたいに、どこから凡ても美形じゃなくてもいいけ:::」、小林秀よさん(二七)が、「訴しHにテンポのある入、反応が年い人が第四.\°:jlJ[成長のqiし「たちいかな?ドラマは凡ないけ、女の子が話しているもの」彼らは引災の女性とイメージする女性の識別ができると思い込んでいるが、実際になると「いいなと思った人でも二、三度会ったら嫌になる。こんなはずでは:::」と、シナリオぞ破り捨てて、現実hv午此税して全而的に受容れられない状況を詰った。何人もがこう一日いい」、品康夫さん(二七)が、「今井英樹みたいに脚が細くてきれいな人」等々、日頃描〈シナリオに登場して欲しい女性を言葉にして語っていることが想像できる。そして、山会いの場にこだわる。杉浦良一さん(二一)は、「ダサイ所じゃ恋愛にならないよ。どこで川会ったか聞かれるもの。へンな所を言ったら。もてない男証明するみたいなもの」、TPOにこだわっている。恋愛体験盟ん品な沢井防天さん合一三)は、こう説明する。「女性の誘い方は、ワンパターンじゃダメ。取ならこう、合コンなら、ダンパなら、って相手とシチュエーションによって述う。僕たちがやってるのをテレビなんかが使ってるんじゃなった。「川以初はいいと思ったのに、話をしていると欠点ばかりが目につく。そうすると、もう会’刈にならない」テレビやビデオには、失敗シンはカットされて映らない。そのうえ、嫌になればチャンふルを叫甘えたり、オフにできる、ビデオならば早送りもできる。しかし、現実はすべてが連なり、話題を提供したり、相手に反応しなければコミュニケーションが就かない。つIζ。まり、自作のシナリオのようには脳間しない恋愛したいのに、できない閉山のひとつは、この辺りにありそうだ。一、二歩辺いてしまい傍観者、評論山本になってしまう。川引性が小説や映州、舞台に管場するスターを的現実が子恕通りに進出しないと、突破しようとしないで、彼らはかマドンナ。にして慌れるのは、ごく、。引切実にはスタであった。しかし、それは憧れ、であって、引尖とは一山酬が引かれていたのです。

松村正治さん(一一一)は、「写真のアイデアを考えている時、ビデオを一日三本比る日もある」と、テレビは凡なくてもビデオを凡ている。彼らがテレビ、ビデオ時代の行動機式を身につけているのは、明らか。ビデオは、首都聞で起きた辿枇幼女誘拐殺人事件の被告が、昨年互に述捕された時、ビデオとマンガで埋まった彼の例室が繰り返しテレどを始めとするマスメディアに登場し、一気に若者の行動と結びつけられ。おたく族。が浮上した。二代はメディアを両親として育ったとまで言われているが、確かにその一面がのぞく。インタビューした男性の恋愛行動、ガールフレンドや恋人のいない男性に特徴的なのは、女性を視覚的に諮る点である、どんな表現をするか、第一に部分的表現をする。「髪はワンレンよりも短か日で、店くらいの択さがいい」なんて。そして、一応に「かわいい子」と一言う。「どんなふうに?」と聞くと、テレビでお馴染みのタレントの名前がズラズラ並んだ。男性が美形の女性を求めるのは今に始まったことではない。生活が満たされ、文化が成熟すれば、人はより美しいものを求めるからテレビの影響ばかりとは言えないが、誰でもが美人とカップルになれるとはかざらない現実への配慮が欠けている。「都食う虫も好き好え〈ぽき」「あばたも際」「愛してその醜さを忘れる」等々、それなりの呪実を認めることわざが削レかれなくなった型・聞がわかる気がした。彼らは川悦聴党メディアの述統的な大註の刺激そ受げて、視党的欲求を柄大、肥大させている。インタビューで先せられた一言葉とニュアンスを総合すると、彼らにはテレビ・ドラマやマン、万のような雌桝のシミュレーションそ凡る自分という引実が入り出じった大雑把につくられたシナリオ、台本があって、そこへ、イメージに令ったヒロインが棺場して、ヒーローに代った九分にアプローチしてくれるツかい£ショットのシlンを拙いていることが町一川凡られる。マスメディアが拙きだす世界は雌桝と一畳川われるが、舞台裏や楽出、隠し織りまで写しだす現在は、現実慮椛の境白があいまいころか、虚実が入り混じっている。どこまでが現実で、どこからが虚構か、誰もはっきり桁摘できない。退屈な、厳しい現実だけでは気が滅入るばかりに、フィクションの而向さ、華麗さを取入れたシナリオを持っている。これまで一度もデイトをしたことがない白川了さん(二五)が、「明日にでも結婚したい気が一部にある」と言ったりします。

もっと白山に向分のぺlスで歩き、強〈生きられる男気を持ちたい」と追い詰められている心情が伝わって主て、明るい表情の心底に大きな不安が潜んでいることを知った。彼らは言った。「僕たちはテレビにでて発言する人たちの意見に振り凶されている。約制に紳られ、デジタル数註文化にのせられている臼分から脱皮して自己そ僻正したい」と。。脱皮は伝統や宵悦から脱して進歩するなであるから使い万をまちがっているが、要は佃を確立して白己を表引できる人間になりたいという意味なの、であろう。終って主催者にタイトル命名の山水を聞くと、「気質の意味はわからなかったけどゴロがよかったから」と。定μ間三川人の会場に集まった学生は五人弱、コンテストは入社法当作品なし。開催に要した官川三から問万円は、中央大学の学乍二人がアルバイトで稼ぎだしたそうな。そのれ併おが云った。「ダンバ(ダンスバアイ)やコン(同コンパ)何凶やっても結局つまんないじゃん。何か’日分たちそマジに問うものやりたかった」一部分を見聞きしただりでは全体にふれられないが、現在の大学は、{丞隠と同じように安らぎを求める場であり、そのために機能が低下、空洞に近づいているのではないかと思われた。インタビューした学生が、サークル活動や友達、仲間以外に何も語らなかった謎が解けた思いである。今の尚子生は産業社会の技術革新と高度情報化て社会の変化が急であるから大学で勉強しても将来、役立たないと直感しているのであろうか。もし、そうであれば、勉強はしな〈ても、人生をどう生きるか〈らいは考えてみてほしい。世界の先達が残した武義が、手を伸ばせば届〈身近な所に並んでいるのだから。高校時代は受験勉強、大学時代はサークル活動で、考えないまま社会人になってしまい、現実に直面して生き方を悩んでいる人は苦しそうだった。悩んでいると、恋愛のチャンスも失う。テレビ時代のシナリオ人生テレビが大衆をリードした時代は去ったが、人は七以上の情報をテレピから得ているとされ、情報量は五年ごとに倍増しているという説が有力である。生まれた時からテレピとともにあるこ代男性は、「子供の頃は見る時聞と番組を制限されていた」と数人が話し、「受験勉強中はあまり見なかった」。そして、現在も「そんなに時聞がない」と言う。O%し了・たち'第四章?:M!l'.1此伎の"しかし安田川生さん合一六)は、「見始めたら毎晩のようにビデオを見ることもあるのです。

こんなのでいいかなと、考えてしまう。大学の間にもつt考えればよかったんだろうけど。今からじゃ巡いかな:::いや、点。えなくちゃあと気持が揺れる」。ホント悩んでいるふうに比えた。太田祁介さん(二七)は浪人巾が充実していたと云った。「寸川校去でずっと公立て、あんまり勉強しなかったから予定辿り?浪人した。一年間、東京の予備校へ辿った問、授業が始めて前臼いと思うようになって、楽しかった。勉強のやり方を知った感じですよ。予備校へ行ってた時、起こったのが令版パット殺人。事件のあった家が比較的近かったので、親はびっくり。両親が黙り込んでテレビに比入っている姿がおかしかった。とうとう父親が『大学は入れるところ、どこでもいい』なんて言い出して。僕は一浪してよかったと思っている。そのかわり、大学問年間は遊びっ放しだったけど」彼らの体験は家・挺よりも学校供前や受験にまつわるが柄に比京が附いている。在山げナ山γは時間的にも長則休暇以外は、時限小を除けば家峰の外にいる時間のほうが長いせいもあろto,「ノムト札ノ大学生が何を考えているのか。インタビューした引性が六人にかぎられるので、ド王子に東京て聞かれた「叶乍生れ質」と銘打った、ビデオ、汗来、引代詩コンテストとシンψポジウムに出席して、川子生の作品を比聞きし、立見守聞いたことをつけ加える。そこで驚いたことがあった。まず、自作の現代詩を舞台、て読み上げたmN子学生が、受験を内大破した大学生を砂川勝者。と表引先したこと。コンテストの務究員として出席していた映画監督の大林宣彦氏が「大学生になって勝者なら、その後に夢も希望もない」と批判していたが、ぷ又験競争。という言葉がよくないせいで、そんな勘述いが起こるのかしら?競争、戦争の結果は勝者と敗者に分かれるという単純思考になってしまうのではないかと。あるいは、偏差値幻想にイカれてしまったか。ネしかし、これは序の口。もっとあきれたのは、シンポジウムで男子学生が堂々と「金が第四.刈度成長のqLfたち。ただ。モラル発言したことゲスト出演の審査員から、その権拠を賀されて臼く「友達が読んだ本に許いであった」。おそらく彼は友達から聞いて、日頃イメージしているグ世の中、けれん金次第。に符合するから信じてしまったのであろう。その発言の外述みのない態度と根拠には恐れ入った。しかし、他の先号一円から、大学生が切実に「自分の素顔と向かい合ってみました。